ご予約・お問合せ
和知山ブログ

トトロの案山子

日時: 2008年12月01日

山の家へ行く途中、京都からの高速をおりて須知から27号線に入ると冨田を通ります。
その冨田の信号を過ぎた左手の畑に案山子がたくさんあります。
どうやら毎年コンテストが行われているようでここ数年の優勝作品が「展示?」されています。
何体もありましたがトトロを選んでみました。観光案内で見かけたこともありませんし、案外知
られていないのでは。近くを通られた時は一度ご覧になってください。結構笑えますよ。でも楽
しすぎて案山子の役目にはなってないかも。

先日、少し早い目に仕事が終わったので新人の小椋君を連れて和知の施設を知ってもらうた
めに案内しました。和知グラウンド、(ここは硬式野球場、の筈です、サッカーゴールなどはあ
りませんでした。)次に、乗馬体験のできる、やまもりファームそしてテニスコートとパターゴルフ
場のある双生公園を回りました。双生公園ではパターゴルフ場は廃止になったと聞いていまし
たがなんとホールの旗がたっています。あらま知らないうちに使えるようになったんだと思い、
翌日町役場に聞いてみますと地元のグランドゴルフの愛好会が使われているのでは、と云う
ご返事。早速担当課に問い合わせますとこの度整備をされたそうで、これからの雪の季節は
閉めていますが来年の春からは使えまよとのこと。またパターゴルフではなくグランドゴルフ
場に改まったそうです。(使用料金も教えていただきました。一人300円/時間、貸しスティ
ックとボールは250円/回だそうです。)
ま、山の家へ連絡がないのは当たり前としても町のサイトのどこにも案内などなく、こういった
施設の告知がほとんどされていないのは残念なことです。近年告知方法はネットが主流となり
空間を越えた告知が可能なのですから地方こそもっともっと情報を発信してもらいたいと思い
ます。

Image330.jpg

コメント (0)

モミジのサンパツ

日時: 2008年11月11日

私たちが山の家の管理を引き受けてもう1年半ほど経ちました。慣れないことばかりでお客様には
大変ご迷惑をお掛けしましたがみなさんには笑い流していただいて本当に汗顔の至りです。

慣れないことと云えばお引き受けする際の引き継ぎにはなかった「草刈り」と「植木の手入れ」は
未だに慣れません!草刈りは以前ご紹介しました大阪の坂本君がいつもすごい馬力で草を刈って
くれるので助かっていますが、植木の手入れはどうしたものかと。ところが先月から来てくれている
新しいスタッフの小椋君が大学でランドスケープを学んでいてその一環で造園の授業もあったとか。
まったく素人の私よりはるかに知識も経験もあり彼にお任せすることにしました。先ずは以前から
伸び放題のモミジをサンパツ。紅葉前の今頃が手入れの時期なのかも分からず兎に角見苦しく伸
びた枝をカット。斯くてこのようなサッパリした姿になった訳です。山の家の道路側にはあと3本の
モミジがあります。今月中にはみんなサンパツをしてすっきりなってもらいます。

このモミジの後ろに窓がありますよね、食堂なんですがその前にモミジがあります。私たちスタッフは
お客さんが帰られたあと昼食や休憩の時にこの窓際に座って外の景色を愛でながら食事したりお茶
を飲んだりしています。その時さきの坂本君がこのモミジは景色を見るのに「邪魔だ」といつも云って
ます。彼に切ってもらうと根本から行くのがみんな分かっていますので彼には絶対手入れをさせませ
ん。チェーンソーで行きます。なにせ実績があるので...。

その小椋君のことは近いうちにご紹介をかねて登場させますのでよろしくお願いします。
神戸出身の23才。先日お客さんの年配の女性からお菓子やジュースをもらってました。(子供じゃ
ないのにね) おじさんの私にはついぞそういう「役得」はありませんが。

DSCF0144b.jpg

コメント (0)

山の家ご紹介

日時: 2008年10月31日

今日はまだ一度も山の家へ来られたことのない方にサイトに載っていない写真をご覧いただこうと思います。山の家は京都府青少年課の管轄で昭和51年に建設されました。以来30年以上たっています。多少くたびれている箇所もありますが度々の修理を経て今でもそんなにたっているとは思えないくらいいい味が出ています。壁は漆喰(風?)柱は濃茶色でイメージは純和風建築です。ロビーの吹き抜けがとても開放感があり普通の住宅ですと3階分くらいの高さがあります。

ところで話しは変わりますが、先日新聞に載っていたのですが現在京都府の「山の家」が8施設あり、今後京都府としてはそれぞれ所在する市町村に譲渡の方向らしく、それが叶わなければ閉鎖もあり得るとありました。実際の所現在の青少年課の目的とは違ってきているようなのと、修繕費など結構な支出になるのが理由らしいです。(山奥に何億円もかけて橋とかはかかってるんですけどね。)山の家はそれぞれ所在する地元に委託されて運営されてきましたが、私たちの和知山の家のように地元の方の過疎高齢化で存続が難しく地元在住ではない私どもが管理をさせていただいているケースが今後も増えていくのでしょうね。青少年課ではなく過疎地域活性化(課?)のような京都府の部署が担当してもらった方が実情にあっていると思うのですが。

「山の家」はこれから「鍋」の季節です。名物「長老鍋」(鶏味噌味の鍋です。)と山の家と云えばの「ボタン鍋」が美味しい季節です。そろそろモミジを始め広葉樹が色づき始めました。近くの田舎「和知山の家」へ是非どうぞお越し下さい。


robby.jpg

コメント (0)

栗園

日時: 2008年10月06日

昨年公表でした【栗拾いプラン】を募集していますが、昨年お世話になった当館シェフ吉田さん所有栗園は順調な生育にも関わらず「落ちた栗をみんな猿が取っていくから今年は無理やね。」とのこと。もう予約もいただいているし、これは大変と以前から目を付けていた栗園で栗拾いができることになりやれやれ。とは云うモノのここは京都府農業試験場が京丹波町から借り受け、栗の生育を試験するための栗園で広さなんと6400平米。農業試験場から今年の春に返還されそれ以来手入れがされていないのでまず草刈りから。そこで先週末3人がかりで草を刈ってきました。全部はとても無理なので生育のよさそうな木を6-7本選び集中的にやって何とか栗拾いしていただけるようになりました。ここは猿の行動範囲外のようで害獣除けのフェンスもしっかりしていて大きな栗がごろごろ。村のあちこちに栗園があるものの手入れや収穫の人手がたりずやむなく猿に食事を提供している結果になっています。このように栗だけでなく人手がたりずに放棄された農作地がちらほらあります。農作物は手間がかかるので都会からたまにきて面倒を見るくらいではしっかり育たないのですが農村と都会を結ぶシステムを作れないものか考え中です。みなさんも良いアイデアがあれば知恵を貸してください。

maron.jpg

コメント (0)

地野菜。

日時: 2008年08月20日

山の家もお盆を過ぎ少し静けさがもどってきました。7月から毎週ずっと団体さんが続きブログも
書けずでごめんなさいね。遅れながらも夏の思い出を書いていこうと思っています。
と云いながら、みなさんにお見せしたい写真がありますのでそちらを優先します。

さて、今日は、顔見知りになった和知駅近くで野菜を作られている井上さんからもらった野菜を写真
に撮ってみました。井上さんとは和知駅前で毎週開催されている金曜市(間違っているかも)でお会
いしてから、道の駅でばったりとか偶然会って世間話をして、のようなお付き合いです。お客さんに
沢山食べてもらいなさい、とお言葉に甘えていただきました。

もらっていながらこう云うことを云うのはなんですが、プチトマトが破裂しています。真っ赤になるまで
幹で育ち、取り立てを持ってこられたんでしょうね。割れてしまうと売り物にならないんだと思います。
もちろん割れてないのも沢山あって食べ比べたのですが割れている方が本当に美味しいかったです。
本当に久々にトマトの味のするトマトをいただきました。きゅうりもちょっとあばたがあったり、獅子唐
(満願寺?ではないかな)も決してべっぴんさんではないですが味はとびっきり美味いです。新鮮だか
らか有機肥料だけの栽培だからなのか、理由はともかく「和知」の野菜は美味しいです。

山の家ではできるだけ地産地消を心がけ、地元でゆずっていただいたお野菜をお客様に召し上が
っていただいています。お米も、お味噌もできるだけ地元の産品を使っています。お客様にも喜ばれ
わずかでも地元にも貢献できればと思いながら。

なお、「和知」産の新鮮なお野菜のお求めは道の駅・和(なごみ)でどうぞ。

DSCF0112.JPG

コメント (1)

キャンプ場が洪水だ!

日時: 2008年07月30日

ブログを書かなければと思いながらあっと云う間にもう7月も終わり。ブログのネタも山盛りですが
少しずつアップしていきますね。今月は毎週スポーツ少年団、ボーイスカウトの団体が来られて、
山の家はてんやわんやでした。まだまだお盆まで団体さんは続きます。年間来場者の半分が夏
休み、しかもお盆までに集中します。料理、お茶沸かし、掃除の繰り返し。スタッフも暑い中子ども
たちの思い出作りのため頑張っています。

先日の集中豪雨。神戸では鉄砲水で突然の災難に遭われた方もおられました。同じ時山の家付
近でもすごい雨と風。折悪しく最終日のボーイスカウトがキャンプ場で昼食を作って食事中に雨が。
それも何とか凌ぐのがボーイスカウト。間もなく雨もあがり、元気よく帰って行かれました。写真は
雨があがった直後のキャンプ場です。進入路のアスファルトの道がすこし低くなっていたようで水が
溜まってしまいました。

camp.JPG

コメント (0)

雛がかえりました。

日時: 2008年06月09日

みなさん、こんにちは。連休の遊び疲れからか山の家の5月は「ヒマ」でした。

先週は久々に団体さんのお客さんで山の家へ。雨でしたのでお食事は食堂でバーベキュー。
当然換気扇をがんがん回してです。翌朝、食堂であたかも部屋の中で鳴いているような鳥の声が...。スタッフ同士で不思議やねと云いながら私は草刈りに。暫くしてスタッフの呼ぶ声で食
堂へ行くと、なんと換気扇の隙間に鳥がいます。てっきり成鳥でたまたま換気扇から中を覗いて
ると思ったら、なんと孵(かえ)ったばかりの雛ではありませんか。そっと中をのぞくとなんと4羽の
雛が大きい口をあけてピーチクパーチク。早速換気扇のコンセントを抜き、成長の妨げにならない
よう内側から紙でカバーをしました。バーベキューの臭いにつられて卵からかえった?のかも。

さて、山の家近辺では清流に恵まれ、当然ホタルも沢山います。まだ少し早いかなと思いながら
近くの谷川を探索してきました。2匹発見!気の早いホタルがもういました。今週末から再来週に
かけてが見頃かと。ホタルは毎年同じようにいるわけではないようです。年によって多少があり、
3年ほど前には湧いて出てくるようにホタルが発生したそうです。今週末からホタル目当てのお客
さまも来られます。次回はホタルの写真をアップできればと思っています、お楽しみに。

bird.jpg

コメント (2)

【体育館】下見してきました。

日時: 2008年05月16日

7月の予約で京都のスポーツ少年団剣道部から近くに体育館(外観:写真左側)はありませんかと
問い合わせがありました。隣村の下粟野にある廃校になった小学校の体育館が利用できるのを
知っていましたので二つ返事で”大丈夫です、ありますよ!”とは云ったものの私は行ったことが
ありません。これではあまりに無責任と連休最終日に、和知支所の方にお断りして、体育館の鍵
を管理されているウッディパルの榎本さんから鍵をお借りし内部を見てきました。思ったより立派で
びっくりしました。床はぴっかぴか、色違いでコートのラインも引いてあるのでいくつかの球技が出
来るんでしょうね。(内部はトップページのニュース欄に写真を載せています。)ゴールがあるので
バスケはもちろん、バレーボールとかバドミントンだと思います。すんません、私は体育館でする
球技はまったくしたことがないので良く分かりません。(確かに剣道はしてましたが...そのライン
はなさそうでした。)

器具庫もチェックしてさぁ帰ろうと思い玄関まで行くとなんと2階へ行く階段が。こちらも一応チェック
と階段を上がりますとなんと広いお座敷があるではありませんか。(下の写真右側)まさか小学生の
宴会用じゃあるまいし、何のためのお部屋なんでしょうか。しかも厨房つきです。でも、今は使われ
ていないようで障子はやぶれ、お掃除などもされていないようでした。あぁ勿体ない。
田舎にはこのように誰にも知られず眠っている施設が結構あります。お役所はあまり宣伝もされま
せんから宝の持ち腐れ状態です。(尤もこの和室が借りられるかどうかは分かりませんが。)

山の家の近くにあるこのような施設をこれからもブログでご紹介していきます。お楽しみに。

でも、この体育館、ほんとにのどかなところに建ってるでしょ。

DSCF0128.JPGDSCF0121.JPG

コメント (0)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場