ご予約・お問合せ
和知山ブログ

栗園

日時: 2008年10月06日

昨年公表でした【栗拾いプラン】を募集していますが、昨年お世話になった当館シェフ吉田さん所有栗園は順調な生育にも関わらず「落ちた栗をみんな猿が取っていくから今年は無理やね。」とのこと。もう予約もいただいているし、これは大変と以前から目を付けていた栗園で栗拾いができることになりやれやれ。とは云うモノのここは京都府農業試験場が京丹波町から借り受け、栗の生育を試験するための栗園で広さなんと6400平米。農業試験場から今年の春に返還されそれ以来手入れがされていないのでまず草刈りから。そこで先週末3人がかりで草を刈ってきました。全部はとても無理なので生育のよさそうな木を6-7本選び集中的にやって何とか栗拾いしていただけるようになりました。ここは猿の行動範囲外のようで害獣除けのフェンスもしっかりしていて大きな栗がごろごろ。村のあちこちに栗園があるものの手入れや収穫の人手がたりずやむなく猿に食事を提供している結果になっています。このように栗だけでなく人手がたりずに放棄された農作地がちらほらあります。農作物は手間がかかるので都会からたまにきて面倒を見るくらいではしっかり育たないのですが農村と都会を結ぶシステムを作れないものか考え中です。みなさんも良いアイデアがあれば知恵を貸してください。

maron.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



(スタイル用のHTMLタグが使えます)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場