ご予約・お問合せ
和知山ブログ

夏の思い出。

日時: 2009年08月24日

山の家の長くて”熱い”夏が終わろうとしています。ブログを書く時間もなく、お客様のお世話、
買い出しの繰り返し、”たまに”本業の会社を”のぞく"程度に出社。7月半ばから本当に
忙しい夏でした。私も”スキ”とは云え良くやると思いますが、ほぼ同じように頑張ってくれた
スタッフにも感心と感謝です。畑中君と小椋君ご苦労さんでした。それとシェフよしださん、
ありがとう。

さて、長い間おサボりしていたブログ。夏の思い出と称して画像など一挙公開です。
今夏の思い出は、メニューでは猪肉BBQ、鹿刺しと流し素麺、そして前を流れる上和知川でやった
魚のつかみ取りなどみんなバカ受け、大変よろこんでいただいたこと、お客様では例年のスポーツ
少年団やボーイスカウトに加え会社関係のリクレーションやセミナーに利用いただいたこと、また
JTB経由でアサヒビールさんのキッズプロジェクトにご利用いただいたこと、河合体操教室から幼稚
園児が60名も来てくれたこと、などなどなど。本当に息つく暇もないほど次から次へとお越しいただ
き山の家3年目でやっと認知していただけるようになってきた実感があります。和知の自然、山の家
の楽しさを紹介したい私たちとしては本当にうれしく思います。これからも”あの手この手”で思いで
作りやご利用者のみなさまが本当の意味で楽しめる"田舎”を目指したいと思います。

【※失敗談:さかなのつかみ取りは幼稚園児のために初めてトライ。隣村の養殖場から鱒を80匹
運んで来たら、なんとみなさん昇天。担当者の畑中君は真っ青!養殖場のおちゃんは10分くらい
大丈夫と大型の運搬用ポリバケツにふたをしたのが原因らしい。急遽80匹を3回に分けて運搬。
後はふたをせず網にしたので事なきを得ました。が、昇天した80匹はその後のお客様の食卓を
飾り、その後おなかの中へ。鱒の塩焼きが出てきたお客様はラッキーでした!】

では、写真に参ります。
●一発目は大好評”鹿刺し”です。一頭の鹿から僅かしか取れないロースを
刺身にします。味そのものは淡泊ですが、臭いも全くありません。脂身もないのでヘルシーです。
生姜醤油でいただきます。実は山の家では近くの猟師さんとタイアップして流通に乗せたいと思っ
ています。害獣駆除であっても命をいただくのだからただその身を捨てるのではなく、利用させても
らう方法を考えるのが、こちらの都合で駆除をする人間のするべきことだと思います。鹿はカワイイ
です。


deersashi


●お次はこれもバカ受けの”流し素麺”の一コマ。写真はスポーツ少年団のみんなです。お父さん方
にも手伝ってもらって素麺を流しました。終わりがけに6年生が最後の合宿なので是非やらせて
ほしいと子供たちも手伝ってくれました。手伝ってくれたみんな、ありがとう。


somen1

●次は流し素麺”大人版”です。IT関係の会社数社が集まりセ2泊3日でミナーをしてくれました。
みんな20代後半から30代前半の青年ですが早朝から深夜まで、本当に良く仕事?する人たち
です。パソコン一つで稼ぐ彼らにはそれなりに見えない努力をしています。ちょっと写真がぼけて
いてすみません。

somen2


●ちょっと息抜きの写真です。玄関のガラス拭きをしていたら前のお庭がガラスに写りまるでそこに
あるように見えました。あまりにくっきりキレイなので撮ってみました。


mirror

●わんこ誕生!いつも猪肉や鹿肉を分けてもらっている田井家にいる猟犬が子供を産みました。
あまりにカワイイのでパチリ。いつも怖い顔で吠えられてるので近づきがたい犬ですが、さすがに
出産の後は穏やかで母親の”顔”でした。それでも怖いので田井さんのお母さんが1匹取り出して
見せてくれました。

dogbaby1

dogbaby2

●最後はちょっと”ショッキング”な写真です。心臓の悪い方はみないでね。
田井さんが通りがかりに今から猪の解体するから見にお出でと声をかけてくれました。前から見た
いと云っていたので仕事もほったらかしで田井家の解体場へ。さっきまで畑を荒らしていたイノシシ
です。狩猟期間ではありませんが、害獣として猟友会に依頼がくるので法律違反ではありません。
でも夏場の猪は脂身がなくおいしくないです。多分猟犬の餌になります。成仏してね。

kaitai


コメント (0)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場