ご予約・お問合せ
和知山ブログ

錦繍のわち

日時: 2009年11月17日

わちへ通い出して3回目の秋。紅葉の名所に比ぶべくもないのですが、今年は割とキレイに染まって
います。和知は取り分け植林が多く、年中杉、檜が青々と茂っています。荒れ放題の植林が問題に
なっていますが、本当に広葉樹の山を見るとほっとします。山や森は食物連鎖のまっただ中にあり
生物に取って重要なフィールドになっていることや、植林されている山肌はやはり植物が自生せず
雨水がその表面を流れていきなり川に流れ込みます。大雨で土砂崩れが起きるのは大体急勾配に
植林された斜面が多いようです。しかし、戦後人口が急激に増え住宅が不足がちの時に国の政策と
して植林が奨励され、和知のような農耕地の少ない山間地では主要な産業であり、唯一生きる生業
であったわけで、今更とは云うものの過疎高齢化と密接に関連した本当に悩ましい問題でもあります。

と、いうことで今回の画像はいつも山の家で使っている湧き水を汲みに行く「下乙見」で見つけた
色づいた木と民家です。それと動画に挑戦してみました。府道へ入り見慣れた和知富士を横に走る
「通勤道?」です。編集も勉強してわちや山の家をご紹介していきます。お楽しみに。

最後に、ちょっと「営業?」、今年も餅つきイベントやります。毎年子どもたちだけでなく、結構親御
さんや大人が夢中になる餅つき。つきたてがサイコーにおいしいお餅つき。ニュース欄にもアップ
しますのでご覧ください。それと一昨日15日から猪猟が解禁になりました。すでに何組かボタン鍋
のご予約もいただいています。年内にとれた猪がうまいです。こちらも是非。

P1010100_R.JPG

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



(スタイル用のHTMLタグが使えます)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場