ご予約・お問合せ
和知山ブログ

みつまた

日時: 2010年03月27日

みなさん、「みつまた」ってご存じですか。そう学校で紙の原料としてこうぞ、みつまたって
習いましたよね。でも見たことがなかった、でしょ。下の写真が”三椏”(みつまた)なんです。
山の家の噴水が1月に雪が降って以来また止まったので取水口を見に行ってきました。
そのとき林道際に黄色いカワイイ花に目がとまり、こんな花は見たことない、と云うことで
調べたら三椏だったのです。本当に枝が三つに分かれ名前の通りでした。

横から見ると白いんですが花びらの内側が黄色で、うつむくように咲いていますから下から覗く
ように見ると黄色いんです。その色合いやうつむき加減がしおらしいのと、村の周辺にはなくて
少し山へ入ったところに人知れず咲いているのがなかなか味わい深いものでした。

移植は難しいらしいのですが山の家近辺で沢山育て、紙漉(かみすき)体験などできればよい
なと思った宿守でした。

mitsumata_R.jpg

また今は蕗の薹(ふきのとう:下の写真)が最盛期です。開きすぎて食べるのには少し遅いかも。
(下の写真くらいが食べ頃です!)つぼみの天ぷらはちょと苦味があってホント、ビール好きのお
父さんにはたまりません。今月こられたお客様には突き出しで召し上がっていただきました。
これからはゼンマイ、わらび、こごみなどが芽を出します。山の家は山菜の”宝庫”です。

hukinotou_R.jpg

コメント (0)

ふるさと農園 【貸し農園】

日時: 2010年03月08日

ここ上粟野では20年前から貸し農園をされています。20年と云えば貸し農園の草分け?
梅原一(かず)さん、梅原昇治さん、梅原健太郎さん(この村では梅原さんが多です。)の3名が
基本的に農薬を使わない有機農法の指導・管理をされています。いつもチラシや口コミで募集を
されていますがなかなか行き渡らなくてまだまだ空きがあるそうです。一区画50平米あります
ので広い方だと思います。4月から翌年2月まで色んな野菜を作ることができ、苗や肥料などは
農園の方で準備してもらえます。開園式や収穫祭は全員参加で地元の方と一緒に楽しいイベン
トをされています。20年こられている方もいらっしゃるそうで、みなさん楽しく作業されている風景
は良く見かけていました。食の安心が叫ばれる昨今、農薬などの心配がない自分で食べる野菜
を自分たちで作って見ませんか。●募集要項はこちらです。
【要綱にはありませんが、締切は3月20日です!4月18日の開園式に間に合うように苗床の
準備に時間がかかるそうです。締切に遅れても受け付けてもらえますが、開始が少し遅れるかも
分かりません。】
詳しくはリーダーの梅原一(かず)さんにお尋ねください。■電話:0771-84-1427です。

ふるさと農園の画像をいくつかアップしますので参考にしてください。

DSCF0128.JPGDSCF0121.JPG

DSCF0128.JPGDSCF0121.JPG


また、山の家では「お米作り体験農業」を実施します。主体は農業者でないと出来ませんので
山の家は募集などお手伝いと農業以外でみなさんのお世話をさせていただきます。
5月の連休(今年は変わるかな?)前後に「田植え」を行い、収穫まで参加者が面倒を見ます。
内容など詳しくはサイトでお知らせします。こちらも是非ご参加ください。

コメント (0)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場