ご予約・お問合せ
和知山ブログ

みつまた

日時: 2010年03月27日

みなさん、「みつまた」ってご存じですか。そう学校で紙の原料としてこうぞ、みつまたって
習いましたよね。でも見たことがなかった、でしょ。下の写真が”三椏”(みつまた)なんです。
山の家の噴水が1月に雪が降って以来また止まったので取水口を見に行ってきました。
そのとき林道際に黄色いカワイイ花に目がとまり、こんな花は見たことない、と云うことで
調べたら三椏だったのです。本当に枝が三つに分かれ名前の通りでした。

横から見ると白いんですが花びらの内側が黄色で、うつむくように咲いていますから下から覗く
ように見ると黄色いんです。その色合いやうつむき加減がしおらしいのと、村の周辺にはなくて
少し山へ入ったところに人知れず咲いているのがなかなか味わい深いものでした。

移植は難しいらしいのですが山の家近辺で沢山育て、紙漉(かみすき)体験などできればよい
なと思った宿守でした。

mitsumata_R.jpg

また今は蕗の薹(ふきのとう:下の写真)が最盛期です。開きすぎて食べるのには少し遅いかも。
(下の写真くらいが食べ頃です!)つぼみの天ぷらはちょと苦味があってホント、ビール好きのお
父さんにはたまりません。今月こられたお客様には突き出しで召し上がっていただきました。
これからはゼンマイ、わらび、こごみなどが芽を出します。山の家は山菜の”宝庫”です。

hukinotou_R.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



(スタイル用のHTMLタグが使えます)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場