ご予約・お問合せ
和知山ブログ

村用

日時: 2010年11月11日

いなかの集落では「村用」と云うのがあって、共同作業をします。
農繁期も草刈りや害獣フェンスの手入れなどあるのですが、やはり10月以降冬に
なるまでのあいだやることが沢山あります。最近は行政が音頭をとって「さとボラ」
で都会から興味や想いのある人達に手伝ってもらったりしますが、ここ上粟野では
自分たちでやってできないことはないぎりぎりのところで住民が頑張っています。
が、段々深い付き合いになってきた山の家としては最高齢85歳のおじいちゃんま
で参加しているのに見過ごすわけには行かず、今月2回も村用に参加しました!
最初の写真は府職員を中心とした地域振興のNPOもやいなおしの会のメンバーも来
てくれた水路整備です。施策としての地域再生を実施する職員の方々ですが補助金
配るばかりじゃなくて是非地元に入って共に汗することで地域の人達の本音を聞き、
問題を把握することが大事じゃないの、と上手くだまして来てもらいました。
2枚目は水路整備の材料がなくて思わず仕事が早く終わり澄み切った秋空のもと、
表に机を出して慰労会が始まりました。こう云うのがあるからやめられへんのですよ。(笑)
来年2月に「さとボラ」を募集して植林された杉の手入れや雪かきをお願いしようと
村の区長さんと相談しています。その時はまたブログでご案内しますのでよろしくお
願いします。

P1010632_R.JPG

P1010646_R.JPG

水路整備の翌週、林道整備がありました。これは正確には村ではなくて村が組織して
いる森林組合の作業です。80歳のおじいちゃん二人がボクたちより動きが良くてび
っくり。若かりし頃は杉の木に登って枝から枝へ渡りながら枝打ちをしていたらしい
です。上の写真がBefore、下の写真がAfterです。山側から落ちてきた土を谷川に落と
して地ならしをしました。
P1010674_R.JPG

P1010669_R.JPG

コメント (0)

カテゴリ

月別表示

楽天トラベルじゃらん
キャンプ場